HOMEから好きなカテゴリーへ移動する≫≫

【レビュー】賃貸で食洗機歴8年目│今では手放せなくなった理由!

【レビュー】賃貸で食洗機歴8年目│今では手放せなくなった理由!
POINT

①食器洗い好きな人には不要
②手を動かす時間が激減
③楽してキレイ

参考:Panasonic

私は昔から食器洗いが苦手で、食洗機は私のためにあるのでは?と思うほどでした。

現在はPanasonicの据え置き型である、NP-TM5を2013年から愛用しています。

実際に使い始めてからは、食器類を洗わずに済むだけでなく、手洗いにはないメリットも実感しています。

私は大満足なのですが、食洗機に対してはこのように言われることも多いです。

「手で洗ったほうが早い」
「場所を取る。使わなくなったら…」
「食洗機って贅沢品だから買えない」等

しかし、食洗機の魅力を知らずに避けているのであれば、とてももったいないです。

食洗機を導入することで、豊かな毎日が送れるのであれば、見過ごす=損失にもなりえます。

本当に食洗機は役に立たないのか?

私の感想と実体験をお話しますので、これが食洗機を知るきっかけになれば幸いです。

トリ
トリ

まずはメリットからお話します!

スポンサーリンク

家事に割く時間が減る

セットに時間がかかると思われがちですが、スタートするまでにかかる時間はたったの数分です。

慣れると約2〜3分間でスタートできます。

まず食器についた汚れを、シリコン製のスクレーパーで簡単に拭います

あとは、食器類や調理器具・シリコンスクレーパー・食洗機用洗剤を入れるだけです。

終了までに時間はかかりますが、その分熱湯でしっかり洗ってくれます。

私は毎日食器洗いに時間を取られるのが苦痛だったので、今では食洗機は手放せない家電です。

トリ
トリ

食後のくつろぎタイムを家族とゆっくり過ごせるようになりました!

洗浄力も手洗い以上で安心

「手洗いよりキレイ」といわれる理由は、高温であることと、専用洗剤の成分です。

食洗機の水温は約60〜80℃、手洗いでは使えない熱湯でしっかり洗えます。

油分が多い肉類、揚げ焼きに使ったフライパンなど、ギトギトした油汚れもさっぱりキレイです。

手洗いのように何度も洗剤を継ぎ足したり、繰り返しお湯でそそぐ必要もありません。

食洗機用洗剤も洗浄力が高い

台所用洗剤には含まれていない、漂白成分・酵素が豊富に含まれています。

食品に含まれる汚れを効果的に落とせるため、洗浄効果は段違いです。

すすぎは汚れが少ないコースでも2回、最大4回までしっかり行いますので心配いりません。

トリ
トリ

次は知っておきたいデメリットです!

運転中に音が発生する

上下に設置されたノズルが高圧の水流を発生し、ノズル自体が回転することで汚れを飛ばしています。

庫内の隅々まで届く高圧水流の影響で、熱湯が庫内の壁に当たる音はします。

汚れをしっかり除去するための機能なので、ここは目をつぶるしかありません。

音の感じ方には個人差がありますが、LDKの部屋で使ってもテレビの音はしっかり聞こえます。

個人的にはメリットの方が確実に大きく、イライラするほど大きな音ではないので、気になりません。

食べ残しなどは取り除く

残念ながら、食洗機に全て丸投げはできません。

洗濯機と同じように仕上がりをよくするため、簡単な前準備を行います。

こびりつき汚れはあらかじめつけ置きが必要ですが、これは手洗いも同様です。

こびりつき汚れ以外は、スクレーパーやキッチンペーパーで簡単に拭くだけです。

スクレーパーは食洗機対応のものを使えば、手洗いの手間が増えません。

終了後には残菜フィルターを掃除しますが、これもとても簡単です。

運転前に食べ残しを取り除いていれば、歯ブラシなどで軽くこするだけで終了です。

時間がかかる

機種や運転コースによりますが、洗浄・すすぎ・乾燥まで全て行うと、約60分〜130分かかります。

我が家はすすぎ後に自然乾燥させることが多いため、毎回60分以内で終わります。

電気代がかかるのが心配

時間と同時にかかるのが電気代です。

しかし実は運転時間中、常に高い電気代がかかるわけではありません。

食洗機の使用水量は手洗いの約6分の1と少なく、消費する電力も想像より少ないです。

【1回の使用水量】手洗いは約75L、食洗機は約11L

元々食器洗いにお湯を使わない場合は、手洗いの方が安くなります。

まさに我が家はお湯をあまり使わなかったため、導入前後の光熱費の変化をまとめました。

【2人暮らし】毎日食洗機を使用│我が家の電気代と水道代を大公開!

また、オール電化の場合はガス代が不要になるため、画像の条件とは異なります。

合計約9,450円の節約に!

我が家も数年前にオール電化の賃貸に引っ越ししましたが、特別高くなった感じはしません。

元々が割高のプロパンガスを使用していたのも、高さを感じない理由の1つかもしれません。

水道代は確実に安くなりましたし、時間も心の余裕もできました。

結論:食洗機はどんな人におすすめ?

  • メリットに惹かれた人
  • 時間に余裕が欲しい人
  • 節約効果を続けたい人

食洗機は安くありませんが、導入するだけで自分の時間は必ず増えます

我が家の食洗機は当時、約50,000円で購入しました。

食洗機導入後も水道光熱費が特別上がることはなく、毎日感謝して使っています。

  • 少しでも余裕が欲しい
  • 後回しにしてることがある
  • 食器洗いがなくなったら嬉しい

どれかに当てはまる方は、洗濯機と同じ感覚で気軽に検討してほしいなと思います。

時代はドンドン進歩していますし、便利なサービスや家電を利用するのは悪ではありません。

今後も食洗機の設置・おすすめの洗剤・食器の選び方など、少しずつまとめますので参考にしていただけたら嬉しいです。

トリ
トリ

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました